3、そして三角形の活用

私は、自分の中の「三体」の存在(状態)を強く意識しています。それは、以下の三体です。

1.伊野華絵として日常生活を送っている現実世界の私

2.占術を使って鑑定している最中の私

3.夢を観ている(夢の中で体験をしている)私

3については、徐々に頭角を現してきた(無意識から意識に上がってきた)ところですが、この三体は相互に影響を与え合って私が成り立っています。

「3」という数字は、東洋でも西洋でも「調和・発展」という意味があります。

1は点、2は線、3になって初めて「面」ができますネ。

さて、ここで三角形の定義を確認します。

同一直線上にない3点と、それらを結ぶ3つの線分からなる多角形。その3点を三角形の頂点、3つの線分を三角形の辺という。(Wikipediaより引用)

私は、上述の定義での「頂点」に私の各三体を置いています。これで私・伊野華絵の全体の調和がとれるのです。

さらに、西洋占星術上の話をとりあげます。

占星術では、主に天体(星)の配置で鑑定情報を読み取るのですが、天体同士で形成される角度のことをアスペクトと呼び、そのひとつに「トライン」というアスペクトがあります。それは天体同士が120度を形成しているときで、「吉座相(幸運)」とされています。

このトラインが3つの天体で形成されたものが「グランド・トライン」と呼ばれ、ホロスコープ(天体配置図)の中で、美しい「三角形」が形成されます。

この三角形は、安定的に調和をとって発展する意味があります。

「3・三」という数字、あるいは「三角形」という形相は占いのみならず、日常でかなり活用できると思います。

昔のボスは、提案は3つ出してもらうのが好きでした。良い意味で吟味・選択しやすいのだそうです。

ホップ・ステップ・ジャンプ とか いちにのさん! という言葉も偶然じゃないんですヨ♪

「言葉(名前)というラベル貼り=ブランド化」の背後(数・形・音etc.)に偶然設定はありません。 
※私の中のヘルメスが繰り返し主張してます

というわけで、そして三角形をご自身なりに工夫して、日常の中で遊んでみてください。面白い気づきがあるはずです(^-^)

以上、ヘルメスの丘からの知恵でした♪

今朝の神戸はきもちのよいお天気です。ここ数日、徹夜気味でしたので今朝は非常に眠たかったのですが、こうして執筆したら元気モリモリになりました。やっぱり私は書くことが好きなんです。書いているときはモチロン、ヘルメスとの接続が強くなっています。

それではみなさま、楽しい週末を!

ヘルメスの丘 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢がにぎやかです

ここ数日、観る夢がとてもにぎやかです。

そして決まって、夜中の3時に目が覚めます。・・・なんのサイクルが始まっているのでしょうね(^^;)

一番鮮やかだった夢はこんな感じです。

家の2階に自分の部屋がある設定になっており、ふとのぞくと知らぬ間に模様替えがされていました。

壁に沢山の絵がかけられているのですが、どうやらどれも自分の作品のようです。青や黄色の配色が目立つ前衛的な絵ばかりでした。

すると場面が変わって、目の前に海が広がりました。太陽が燦々と水面を照らしています。その眩しさに目を細めると、沖のほうにかわいらしい島が見えました。私は木陰になっている洞窟の中からその景色をずっと眺めていました。

この海と島の場面はあまりにリアルで、かつ、起きてから驚いたのですが、

夢なのに、こんなに、まるで手にとれるように鮮やでリアルなんだ~」と思って観ている私が夢の中にいたのでした。

いわゆる明晰夢をみたようです。断片的ではありますが、海の場面はたしかにそうだったようです。

明晰夢とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことWikipediaより引用)です。

起きてからしばらくぼ~っとしていました。

こういうときは、ちょっとふわふわしてしまうので現実生活がおろそかにならぬよう、気をつける必要があります。

と同時に、私の夢観力が少し進化したかなと思うので、引き続き夢日記をつけながらじっくり観察してゆこうと思います。

さて、今朝の神戸は晴れ。風が少し強めですが陽の光がもう春を含んでいるように感じます。

今日も元気にいってらっしゃい。私もいってきま~す。

季丘便り 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

白い犬の夢

昨夜はかなりはっきりとした夢を観ました。

夢の中で、私は一匹の白い犬に出会いました。

あるお店から出てきた私を、その犬は長いこと待っていてくれていたようです(^-^)

白くて、しっぽをフリフリしているかわいらしい犬でした。私はその犬を右手で撫でました。

2年ほど前でしたでしょうか。やはり白い犬の夢を観たことがあります。

そのときは、2匹の大きな犬でした。前方から私に向かってゆったりと歩いてくるという夢でした。

それからまもなくして、私の現実生活で心底驚く(良い意味で)ことがありました。

今度の白いワンコは何をもたらしてくれるのでしょう?(^-^)

夢って面白いですよ。意味づけ、こじつけといえばそれまでですが、長らく夢日記を綴っていると数多の登場人物(存在、事象)が様々なメッセージを投げかけてくれます。

それは学びであったり、気づきであったり、忠告であったり、祝福であったり・・・様々です。

たしかなことは、私の内的成長の後押しをしてくれる、ということです。

夢。興味がわきましたか? そんな方は、夢日記をつけてみてはいかがでしょう?

さて、今朝の神戸は昨日までの寒さがだいぶ和らいでいるようです。まだ冬の寒さではありますが、それでも随分あたたかく感じます。

今日も笑顔で☆

季丘便り 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢から始まる「出会い」

みなさんは夢を観ますか?

私は波はありますが、実によく夢を観ます。

映画「インセプション」のように、夢には階層があり、その階層は意識の深さによって成り立っているのだと感じています。

夢の中で様々な登場人物と遭遇しますが、それは実際に知っている人のことも多いです。

ときおり、「昨日、夢に華ちゃんが出てきたよ」なんていわれると、「え~。ワタシ、何していたんですか?」と聞きたくなります(^-^)

みなさんは、夢に出てきた人と現実で出会ったこと・・・ありますか?

出会いは「夢」が先で、「現実」が後です。

私はひとりいます。今までの人生の中ではたった「ひとり」。

その人と出会った瞬間は思い出せなかったのですが、しばらくしてある出来事があった時にその夢が脳裏にフラッシュバックして

「あ~!あの人!」と 思い出したのです。

夢を観ていても覚えていない場合が沢山ありますから、もしかしてこういうことは頻繁に起こっているのかもしれませんが、顕在意識でもしっかり把握している「夢から始まった『出会い』」は、私の場合そのひとただひとりです。

不思議なものですね。その人は現実の世界でどういう関係に発展してゆくかもとても楽しみなのですが、それ以上に「象徴」として重要なメッセージをくださる存在なのだと感じています。

夢ってとっても不思議です。ここ1カ月ぐらいかけて徐々に内容が発展していった夢も観ました。そのような場合はあまり急がず、私の中で徐々に咀嚼したいなと思っています。

さて、今朝の神戸は爽やかな秋晴れ。キンモクセイさんの香りがより一層「秋」を感じさせてくれます。家の周囲のノラニャンたちも朝から心地よさそうに縄張り(?)を散策しています。

今日も良い日を☆

季丘便り 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

それでは、

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

北枕(きたまくら)

ここ一カ月ほど、就寝の際は「北枕」にしています。

特に何かあったわけでもなく、ふっと「北枕で寝てみようかな~」という思いつきです。そう、私はふっと思いついたら理由探しはどうでもいいのでやってみます。

今の住居で暮らし始めてから、東、南、西と枕方向を変えてきましたが、いよいよ(?)北枕となりました。

北枕への解釈は色々ありますね。お釈迦様が涅槃に入る際、北に頭を置かれたことから(頭北面西(ずほくめんさい))由来している、亡くなった人は北枕で寝かせるので「縁起が悪い」、いえいえ、磁気の流れからすると北枕は「身体によい」等々。

まぁ、要は「試してみたら」いいんです(^-^)。

あくまでも私の場合ですが北枕で寝ると、

『夢見』が結構激しいです。毎日ではないのですが、深くて濃い(内容的に)夢を観る回数が多いです。ただこれは、方向の問題ではなく、時期的なものかもしれませんので何ともいえないですが。また、矛盾するようですが、よく眠れます。起きたときも爽快です。

夢は眠りが浅い時間に観ると言われますので、浅い眠りの際にしっかりと夢見をして、深い眠りの際はとことん深く寝ている・・・のかも?と思ったりします。

夢は観るけれど、起きたらすぐ忘れてしまう・・・そんな方はぜひ「夢日記」をつけてみてください。徐々に覚えていられるようになります。

一番強烈なのは、起きる直前に受け取るビジョンです。この三次元世界に戻る(目が覚めるという意味 笑)寸前にキャッチする能力を身につけるとびっくりするメッセージをもらうことがります。それはすぐ解釈できないものが多いですが(意味が深いため)、記録にとっておくと後に役に立つことでしょう。ちなみに、私の周囲では「人は眠ると自分の意識が肉体から離れ、また戻ってくると目が覚める」という考え方の人が多いです。私も同感です(^^)だからあまり不特定多数の人の前で(たとえば電車の中とか)寝ないほうが良い、、とも言えます。(詳しくは省略。。。)

さて、今朝の神戸もゴキゲンに晴れています。

気がつけば7月も最終日。はや~い。・・・そして気がつけば今月は毎日この「季丘便り日記」を綴ることができました(^-^)。書くことが楽しい、ただそれだけです☆

読者のみなさま、いつも応援ありがとうございます。

それでは本日も良き日でありますように。いってらっしゃい。私もいってきま~す。

Hana_0731

季丘便り 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

月の夢

ここのところ、短時間のうちにいつも以上に神経を使って行う仕事が多かったせいか、週末を迎えてほ~っと緩み、よく寝ました(笑)。そんな中、土曜日の明け方に不思議な夢を観ました。日常が忙しいときほど興味深い夢を観ることが多いです。

夢の中でも眠そうな私でした。和風の部屋に横たわっています。とても眠い。目をつむったり、時折細く目を開けたりの繰り返し。・・・すると、いつのまにか左側に誰かがいて、その人が私の左手を強く握ってくれました。私はその人が誰なのかすぐわかりました。仮にHさんとします。Hさんが私の夢に登場するのはこれで2度目。(現実世界では久しく会っていません) そのあと、Hさんは私にあるものを授けてくれました。

手を握ってくれたHさんの存在にとても安心した私。さらに眠くなり・・・。そんな中、うっすら目を開けた視界には大きな月が飛び込んできました。そう、まさにこんな感じの月。

Moon
私は、「きれいだね、きれいな月だね」と何度もつぶやいています。

Hさんは、今日が何の日なのか気にしているようです。すると右側から私の母の声が聞こえてきました。

『今日は3番目のXXXの日で、・・・・』(XXXはよく聞こえません)

なんのことだろう?と思いながら、眠い私はそのまま意識が遠のきます。そして朝を迎えました。

目覚めたとき、とても不思議な感覚でした。そして、もしかしてこの夢はHさんも体験しているのではないかしら?と思えました。私はHさんのことはそれほどよく知らないのですが、なぜかしら昔から強い縁を感じる人なのです。

色々な夢を観ますが、夢には階層があるように思います。土曜日の明け方のこの夢は、いつもより階層が深いと感じました。大切にしたい夢のひとつです。

強く感じたところ、よく聞こえたところ、はっきり見えたところ、左なのか右なのか、出てきた数字、人物が象徴しているもの・・・いろんなキーワードが拾えます。これを日記に書いておき、無理な解釈はせず、しばらく漬け込みます(笑)。そう、まるで漬物みたい。すると色んな気づきがやってきます。

ひとつ挙げると、お月さまや左側というのは「受容性」を示します。これは自分の中での受容性、受け取る力が育まれている証です。

こんな風に解読していくと、自分の心模様が観察できて面白いものです(^^)

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

亡き祖父からの贈り物

先月下旬、東京のおばからメールが届きました。

昨年10月に亡くなった祖父の遺品から、面白いものが見つかったというのです。

なんと、歴代の先祖の名前を記した〇〇家(私の実家の名前)の過去帳を祖父が手書きで作製していたとのこと。それを知った私はびっくり仰天。というのは、その一週間前、奈良の知人と先祖の話題で盛り上がり、

「市役所に行けば、戸籍から先祖を辿ることができるから一度調べてみるといいね」という話をしたばかりだったからです。

何かピンときた私は、おばに早速コピーを送ってもらいました。

祖父の直筆で記されたその過去帳の記録は遡ること約400年、江戸時代に生きた初代の名前から始まっていました。祖父は何を想って調べていたのでしょうか。私はしばらくの間、感慨深く、祖父の懐かしい筆跡を楽しみながらその過去帳を眺めていました。

とそのとき、「あっ」と再びびっくり仰天した私。

急に昨秋の祖父が亡くなる日の前夜に観た夢を想いだしたのです。

私が見上げていたあの白い人物が手にしていた「巻物」とはもしやこの過去帳のことなのだろうか?・・・と。

夢解釈が数か月かかることはよくあることです。また、何段階にもわたって理解するケースもあります。

過去帳が何を意味するのか、祖父からの贈り物は私に何を伝えたがっているのだろう?

想いはさまざまに巡ります。

そして、この過去帳が発見されたのは、祖父が亡くなって半年近くも経ってからですが、祖父自身の誕生日の前日でした。とても興味深く思えます。

亡くなった人からのメッセージは色んな形で縁のある人に届けられるものですね。

しっかりそのメッセージを受け止めたいな。・・・この過去帳の記録には何かある、そう思えてならない私です。そしてこのことへの理解を深める何かしらの夢を観る気がしています。

Tokiokatarot_hasu

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢の不思議

こんばんは。今日も楽しい夜がやって来ました。毎日お布団に入るのが楽しみな私です。寝ることが大好きなのですが、なぜ好きかって、ズバリ。夢を観たいから、です。

Moon_2

以前からよく、「不思議な夢」を観ます。西洋占星術から探る私の特質によると、どうやら私は夢を観る力がとても強いようです。いや、観た夢を覚えているのが得意といったところでしょうか。これは走るのが速いとか、料理が上手とかいったようなひとつの技能のようなものです。そう知ってからはますます寝ることが好きになりました(^^)

私にとって「不思議な夢」とは、その後の人生の流れに大きく影響する夢のことです。これから起こる事象を示唆する類のものだけでなく、夢を観ることで劇的な心の治癒(ヒーリング)が起こったこともありました。亡くなった人からのメッセージ的な夢もあります。いつもそのような夢とはいかず、もちろん、日常の雑多な思いがなだれ込んだだけのものもよくあります。そんな夢の翌朝は、ひとりで残念がります。雑念にやられたあ~と(笑)。

夢のストーリーはきわめて象徴的に展開するので、観た後の解釈が必要です。これはすぐわかることもあれば、解釈に何か月も、ときには一年以上かかることもあります。今振り返れば、夢解釈のスキルはタロットのリーディングの能力の向上と比例しているように思います。どちらも、絵やそのストーリーから真意・深層の世界を読み取ることだからです。

「夢は観るけれど、起きたらすぐ忘れてしまう。覚えていられない」 という声を聞くことがありますが、ある程度訓練すると、少なくとも印象的な夢は覚えたまま目覚めることができるようになります。

一番よい訓練は、夢日記をつけることです。起きたらすぐつけられるように、枕元に紙とペンを置いておくのもよいでしょう。録音機も便利かもしれません。断片的でもよいのでとにかく覚えているシーンを書き綴ります。そしてできるだけ思い出すようにがんばってみましょう。

それから寝る前に、「明日起きたとき、私は自分が観た夢をしっかりとおぼえています」と宣言してねることも効果的です。そしてさらに大事なことは、寝る前は外界のモロモロ刺激物(テレビ、音楽、読書、心が揺さぶられるようなモロモロ)をなるべく遠ざけること。それらが夢へ影響しないために。夜は心静かに過ごし、落ち着いた状態でベッドに入ることです。少し瞑想してから寝るのもよいかもしれませんね。

また、観た夢の分析については、夢解釈の本やインターネットでのサイトなどが参考になるでしょう。ただこれはあくまでも参考だと思います。歯が抜けたらこうだとか、お葬式の夢はこうだとか、一般的な解釈がありますが、それは本当に参考程度にして、その夢を観たとき自分はどう感じていたか、前後の期間に他にどんな夢を観たか・・・などを加味しながら分析してゆくことがとても大切に思います。そして日常生活での自分の変化と照らし合わせ、現実的な出来事と心の部分をよく見つめるきっかけにするとよいと思います。ですので、夢解釈は長いスパンで観ていくのがオススメです。夢解釈は、自分をより深く知るための偉大なツールのひとつだと思います。

毎晩、私たちは眠りながらどこを旅しているのでしょう? おそらく、肉体から離れ、「意識」としての体で、日常よりも高い(深い)意識階層にのぼっている(潜っている)ように思います。(飛んでるのか潜ってるのか微妙な感じ)そう、誰でも毎晩意識は身体から離れているのです。そのいつもとは違った意識階層で観る景色が「夢」なのだと思います。階層はいくつもあるのだと思います。そして観る夢はどの意識階層かによって異なってくるでしょう。

こう書きながら、「インセプション」という映画を思い出しました。まさにあの世界ですね。

日常で自分が気がついている自分の意識は氷山の一角です。夢を通してもう一歩高い(深い)意識を覗くことで、驚くほど自分の中の何かが解放されます。そしてこの現実世界が動き出すことがあります。現実世界での実行ボタンは「あちら」にあるのだ、ということですね(^^)

最後に補足で、お昼寝の夢。短時間の睡眠中に、コッテリ・ビックリなものを観ることがあります。さらに上級編は、通勤途中の電車の中でたった一駅の間のコックリで観る夢(笑)。

夢の不思議。タロットや星とともに、もっともっと掘り下げていきたいと思っています。

さあ、今日はどんな夢が待っているかな?

おやすみなさい。

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

眠りと目覚めの境界線

最近、私にしては睡眠時間が短い。そのせいか、朝の目覚めの際に、まどろむ時間が少し長いように思います。

「あ、朝だなぁ。。。」と、目が覚めて、でも完全には起きていなくて、という 眠りと目覚めの境界線。このゾーンは実に不思議な世界です。

いつも誰かが何か言っているのです。別の誰かが言っているのか、自分の想いや夢などの残像が言葉になって浮き出てきているのかはわかりません。 

以前は、はっきりとした男性の声で ある言葉を告げられたことがあります。

この境界線からのメッセージは かなり強烈です。

『そんなことできるかあ~?』というような強気で断言的な内容もあります。

でも不思議と、説得力があるというか私が自然に納得してしまうプレゼン力(笑)。

大事なことはメモしておきます。のちに役立つのです。

眠り、夢、目覚め。人はなぜ眠るのか。夢については体験とともにもっと掘り下げてゆきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

quatre-vingt-dix-neuf ~99という夢~

ゆうべ観た夢ははっきり数字が出てきました。

ごくたまにあるのです、はっきりと数字を提示される夢が。以前は誰かが「○年○か月後です」と伝えてくる夢もありました。

昨晩は、何かの授業を受けている夢で、私は黒板に書かれた数字をフランス語で読む、というシチュエーションでした。

黒板には、「99」と書かれていました。えっと・・とゆっくり考えながらも私ははっきりフランス語で発音していました。

99はフランス語では、quatre-vingt-dix-neuf です。
カタカナで敢えて書くと、キャトルヴァン ディズヌフ と発音します。フランス語の数の数え方は私たち日本人からすると少し変な感じです。

quatre:4 vingt:20 dix-neuf:19 ですから、4×20+19=99 なのです。。。変なの(笑)

別にフランス語の宿題に追われていたわけではなく、なぜこのタイミングでこの夢かなぁ・・・と模索中ですが、フランス語は横においたとして、夢で見た数字というのはいつも気になります。

この「99」ってなんでしょうね。・・・自分で解決しろと? はぁ、そうですよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧