« 軽やかさと運 | トップページ | すべてがクリエイティブ »

人は、「人間」

人は人間(にんげん)なんですが・・・、この「人間」という言葉表現は実に絶妙です。

「人の間(あいだ)」と書いて、人間、です。

「人」という単体ではなく、人と人の間にある「それ」が、人間なんですね。

誰しも、そのときの相手や置かれた環境との関係によって、自分の中からでてくるキャラクターがその都度微妙に、ときに極端に変化するものです。

社会的な役割(父・母・子供・友人・恋人・会社での役職等々)の影響もあいまって、それは多種多様です。

相手もそして自分も、まるで万華鏡のように「多面体」な存在なんですね。意識するにせよそうでないにせよ、皆いつも何かを「演じている」のがこの世なのだと思います。

シェークスピアの名言、「人生は舞台だ」を思いだします。

自他の多面体性に気がついていないと、驚いたり、がっかりしたり、傷ついたりします。

「あんな人だと思わなかった」

「こんな自分がいたんだ」

相手や環境が引き金になって、新しい自分と出会うこともあれば、自分が引き金になって周囲に影響を及ぼすこともあります。

不思議なことに、表に出てきやすい、または今は内に潜んでいていつかは表面化しやすいその人の側面は、お名前から感じ取ることが可能です。

生年月日から読む占術や人相などの相術もまた同様です。

占術が、人がもつ可能性や潜在的な要素を観るのに適しているというのはそういうことなのだと思います。

先生が、「環境こそ大切ですよ」とおっしゃることもここに通じます。

人は一人ではなく、「間」に生きる存在で、それが「縁」というものでもあるのですね。

そう、まるでウェブ(網)のようです(^-^)。

さて、今朝の神戸は雨。今日は新月であり、日本では部分日食がみられるとか。この天候では直接の観察は難しそうですが・・・。

わ、今月も3分の1が過ぎようとしています。時は金なり。

毎日を大切に過ごしたいものですね。いってらっしゃい。

ヘルメスの丘 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

|
|

« 軽やかさと運 | トップページ | すべてがクリエイティブ »

気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215360/63319538

この記事へのトラックバック一覧です: 人は、「人間」:

« 軽やかさと運 | トップページ | すべてがクリエイティブ »