« ヘルメスの丘 | トップページ | 「野」 »

3、そして三角形の活用

私は、自分の中の「三体」の存在(状態)を強く意識しています。それは、以下の三体です。

1.伊野華絵として日常生活を送っている現実世界の私

2.占術を使って鑑定している最中の私

3.夢を観ている(夢の中で体験をしている)私

3については、徐々に頭角を現してきた(無意識から意識に上がってきた)ところですが、この三体は相互に影響を与え合って私が成り立っています。

「3」という数字は、東洋でも西洋でも「調和・発展」という意味があります。

1は点、2は線、3になって初めて「面」ができますネ。

さて、ここで三角形の定義を確認します。

同一直線上にない3点と、それらを結ぶ3つの線分からなる多角形。その3点を三角形の頂点、3つの線分を三角形の辺という。(Wikipediaより引用)

私は、上述の定義での「頂点」に私の各三体を置いています。これで私・伊野華絵の全体の調和がとれるのです。

さらに、西洋占星術上の話をとりあげます。

占星術では、主に天体(星)の配置で鑑定情報を読み取るのですが、天体同士で形成される角度のことをアスペクトと呼び、そのひとつに「トライン」というアスペクトがあります。それは天体同士が120度を形成しているときで、「吉座相(幸運)」とされています。

このトラインが3つの天体で形成されたものが「グランド・トライン」と呼ばれ、ホロスコープ(天体配置図)の中で、美しい「三角形」が形成されます。

この三角形は、安定的に調和をとって発展する意味があります。

「3・三」という数字、あるいは「三角形」という形相は占いのみならず、日常でかなり活用できると思います。

昔のボスは、提案は3つ出してもらうのが好きでした。良い意味で吟味・選択しやすいのだそうです。

ホップ・ステップ・ジャンプ とか いちにのさん! という言葉も偶然じゃないんですヨ♪

「言葉(名前)というラベル貼り=ブランド化」の背後(数・形・音etc.)に偶然設定はありません。 
※私の中のヘルメスが繰り返し主張してます

というわけで、そして三角形をご自身なりに工夫して、日常の中で遊んでみてください。面白い気づきがあるはずです(^-^)

以上、ヘルメスの丘からの知恵でした♪

今朝の神戸はきもちのよいお天気です。ここ数日、徹夜気味でしたので今朝は非常に眠たかったのですが、こうして執筆したら元気モリモリになりました。やっぱり私は書くことが好きなんです。書いているときはモチロン、ヘルメスとの接続が強くなっています。

それではみなさま、楽しい週末を!

ヘルメスの丘 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

|
|

« ヘルメスの丘 | トップページ | 「野」 »

占術関連」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215360/63269591

この記事へのトラックバック一覧です: 3、そして三角形の活用:

« ヘルメスの丘 | トップページ | 「野」 »