« 足るを知る | トップページ | 事始め、事のはじまり »

北枕(きたまくら)

ここ一カ月ほど、就寝の際は「北枕」にしています。

特に何かあったわけでもなく、ふっと「北枕で寝てみようかな~」という思いつきです。そう、私はふっと思いついたら理由探しはどうでもいいのでやってみます。

今の住居で暮らし始めてから、東、南、西と枕方向を変えてきましたが、いよいよ(?)北枕となりました。

北枕への解釈は色々ありますね。お釈迦様が涅槃に入る際、北に頭を置かれたことから(頭北面西(ずほくめんさい))由来している、亡くなった人は北枕で寝かせるので「縁起が悪い」、いえいえ、磁気の流れからすると北枕は「身体によい」等々。

まぁ、要は「試してみたら」いいんです(^-^)。

あくまでも私の場合ですが北枕で寝ると、

『夢見』が結構激しいです。毎日ではないのですが、深くて濃い(内容的に)夢を観る回数が多いです。ただこれは、方向の問題ではなく、時期的なものかもしれませんので何ともいえないですが。また、矛盾するようですが、よく眠れます。起きたときも爽快です。

夢は眠りが浅い時間に観ると言われますので、浅い眠りの際にしっかりと夢見をして、深い眠りの際はとことん深く寝ている・・・のかも?と思ったりします。

夢は観るけれど、起きたらすぐ忘れてしまう・・・そんな方はぜひ「夢日記」をつけてみてください。徐々に覚えていられるようになります。

一番強烈なのは、起きる直前に受け取るビジョンです。この三次元世界に戻る(目が覚めるという意味 笑)寸前にキャッチする能力を身につけるとびっくりするメッセージをもらうことがります。それはすぐ解釈できないものが多いですが(意味が深いため)、記録にとっておくと後に役に立つことでしょう。ちなみに、私の周囲では「人は眠ると自分の意識が肉体から離れ、また戻ってくると目が覚める」という考え方の人が多いです。私も同感です(^^)だからあまり不特定多数の人の前で(たとえば電車の中とか)寝ないほうが良い、、とも言えます。(詳しくは省略。。。)

さて、今朝の神戸もゴキゲンに晴れています。

気がつけば7月も最終日。はや~い。・・・そして気がつけば今月は毎日この「季丘便り日記」を綴ることができました(^-^)。書くことが楽しい、ただそれだけです☆

読者のみなさま、いつも応援ありがとうございます。

それでは本日も良き日でありますように。いってらっしゃい。私もいってきま~す。

Hana_0731

季丘便り 伊野華絵(いのはなえ)
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

|
|

« 足るを知る | トップページ | 事始め、事のはじまり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215360/61989882

この記事へのトラックバック一覧です: 北枕(きたまくら):

« 足るを知る | トップページ | 事始め、事のはじまり »