« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

夏越大祓

今日は6月30日。グレゴリオ暦では一年の半分を終え、ちょうど折り返し地点です。10日ほど前に夏至を迎え、ほぼそれを境に日照時間が少しずつ短くなっていくのですが本格的な暑さはこれからです。天体配置のピークと地上で私たちが体験する現象に少しずれがあるのですね。

さて、今日は神道行事でいうところの大祓の日です。毎年6月30日と12月31日がそれに定められていますが、今日は「夏越の祓」にあたります。日々、知らず知らずのうちに犯してしまった罪や穢れを祓うのが大祓の日です。

今神社に赴くと茅の輪をみかけますね。左回り・右回りと、8の字を描くように合計3回くぐると穢れが落とせるとのことです。

・・・自分の穢れ。ケガレって何でしょうね。それをどうとらえるかはその人次第ですが、思考の面だけ見てみても、人は1日のうちにアタマの中で何万回もありとあらゆる「思考」を繰り返しています。本当に考える必要のあるものがそのうちのどれほどの割合なのでしょうか?

できれば、祓えるものならそこから祓ってお掃除したいものですね(^-^)。1年が半分を経過するこの時期に、半年分の自分のアレコレを振り返ってケガレを祓い、再スタートするのはとてもよい切り替えの機会だと思います。

私は個人的にはこの6月30日は10年前から特別な日になっています。自分の人生においてとりわけ縁の深かった方の命日にあたるからです。ようやく、やっと、何を想いだしても発作的悲しみに襲われることもなければ、感傷にひたってしまうこともなくなりました。10年経って私の心の中もある「区切り」がしっかりとできたように思います。

さて、今朝の神戸は少し曇りがちですが、ひんやりした風が気持ち良いです。今日は氏神様にお参りして出社しようと思います。

それではみなさま今日も(^-^)でお過ごしください。

Hana_0630
季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

毎日を新しく

「新しい朝が来た~ 希望の朝だ~♪」 

・・・とは、みなさまよく御存じの「ラジオ体操」の歌です(^-^)。毎日が新しい朝、ですね♪

さて、私は毎日を新しく感じるために2つのことを意識して取り入れています。

1つ目。

私は毎日、ほぼ同じ時間に起床し、同じ時間に就寝するようにしています。いわゆる、「規則正しい生活」を心がけています。たまに夜、外食などをすると就寝が遅くなったりしますが、それでも朝の起床は時間を変えないようにしています。

起床後の行動パターンも決めていて、やる順序も同じにしています。こうして、私の、特に朝の「型」みたいなものを創っています。なぜかというと、こういう「型」を創ると微細な変化に敏感になるのです。

毎日同じように起きて、同じように歯を磨いて同じように部屋を整えて・・・としているのですが、毎日同じ「朝」ではないことに気がつきます。とりわけ朝の日の光、風の声など自然から感じ取る変化はクリアーにわかります。同時に、自分の身体や鏡の中の表情ですら、昨日の私ではないなぁとしっかり把握できます。そう、毎日「新しい自分」なのですね(^-^)

「型」の中から新しい何か、昨日(いままで)とは違う何かを見つけられることは、自分の視点が元気良く、ズーム・イン、ズーム・アウトしているかのバロメーターになります。

2つ目。

毎日、昨日とは違うことをひとつ、取り入れます。仕事でも買い物でも食べる内容でも交わす言葉でも、なんでもいいのですが、今まで手にとらなかったもの、やってみなかったこと、ほんの些細なことでもいいのでちょっと取り入れる。これが大好きだけれど、このやり方が慣れているけれど、それでも敢えてちょっと変えてみる。そして自分がどう感じるかをしっかり「感じ取る」。これも自分の中に「新しさ」を感じるのにとっても効果的です。

型を創ることと、型(趣味・趣向)から離れてみること。上述の2つは矛盾しているように見えるかもしれませんが、このどちらからも新しさを知るのです。面白いです。

新しさとは「新鮮さ」なんですが、この新鮮さって、細胞がとっても喜ぶことなのですね。つまり、若返りです(^-^)。新鮮さを自分にタップリとりいれて、心身ともに元気な毎日を過ごしたいですよね♪

今日の神戸は爽やかな朝を迎えています。

みなさまどうぞ健やかな一日を☆

Hana_0629
季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「果」→「因」の視点

私がお世話になっている易学の先生は、いつも0.3秒の瞬間鑑定をします。

そしてその鑑定結果の風景を私に説明くださるのですが、この説明が・・・その方にとっては非常に難しいそうです。どのように説明したら私が理解できるかに苦心されっぱなしです(^^;)。私はキャッチが非常に早いようなのですが、そんな私相手でも自分が観た世界を、「言葉」に置き換えて表現するのが一番むつかし~。とおっしゃいます。

その方が鑑定を瞬間でつかみとるとき、すでにそこに鑑定結果があり、その景色を観ているわけです。その後、私が「それはどうしてそう解釈するのですか?数と陰陽の配置が〇〇でこうなっているから・・・ですか?」と解説を求めると、

「・・・え?あ、そうだね。そうそう、ここが24格になってるね、うん、そう」と返ってきます。

そんなやりとりを経験する中、私はふと、「ああ、先生は因果じゃなくて果因の視点で観ておられるのだな」と思いました。

「因果」とは、あることが因(原因)となって果(結果)があるという、いわゆるこの3次元世界での時間に沿った物の見方です。

一方、「果因」とは、ある結果のために「因」が引き起こされるという考え方です。これは、時間軸でいうと、未来から過去の流れで見る視点です。

つまり、先生のような教える側にいる達人は、「果」から入るのです。そしてあとで理由づけの「因」を探す。

一方、私のような教わる側は逆に「因」から見る視点しかまだ持ち合わせていません。

「ここがこうなっているから、だから結果がこうなる」という分析から入る見方です。

ゲームで例えると、ゲームを創る側はもともと「ゴール」がわかっておりそこからゲームを創りますよね。スタートからゴールに向かうゲームをする立場とは反対の流れですね(^^)

初歩は誰でも「因果」からスタートするのでしょうが、これがある時「果因」になる分岐点があるのですね。・・・ふふふ、楽しみだなあ。

ちなみに、占術だけでなく他の世界でもこの果因の視点を持っている人は沢山いらっしゃいます。そういう人は物の考え方が柔軟で、他人に対しても起こる出来事に対してもどこか余裕があるのですね。

「果」→「因」の視点。日常の様々な場面で試してみると面白いと思います。

季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

話す「間」に魔法があります(^-^)

書くこと、読むこと、聴くこと、話すこと。言葉を中心としたコミュニケーションには様々な形がありますし、人それぞれ独自のスタイルを持っていますね。

上述の中で、私は「話す」ことが一番不得手です。・・・というか、不得手だと思っていました。特に大人数の前での発表(プレゼンのようなもの)なんて本当に逃げ出したいくらい苦手です(^^;)。実は恥ずかしがり屋でして。。。私にとっては幸いなことに(?)、人生であまりそういう出番は回ってきませんが。

学生時代に、何かの行事で舞台の主役をつとめたことがあるのですが、そのときはセリフだけ他の同級生が舞台の奥からマイクで発声するという面白い設定でした。だからこんな私でもこなせたのだと思います(笑)。

どちらかというと一対一での対話のほうが落ち着いて交流できます。私は話し方がゆっくりしたペースのようで、それは自分でも自覚があります。早くテキパキと話そうと思ってもできないのです。占星術的に言いますと、私の水星(コミュニケーションをつかさどる惑星)は、水のサイン(水サイン=蟹座・蠍座・魚座)にあり、このサインに水星があると無口か、うまく話せないか話したとしてもゆっくり話す傾向があるのだそうです。

自分でも子供の頃から、「話し方が下手だなあ。話すのが苦手だなあ」とずっと思っていました。社会人1、2年目の頃でしょうか。入社と同時に役員秘書だった私は、朝の超多忙なかつ短時間しかないミーティングの中で重要な確認事項を順序立てて上司とコミュニケーションをとるのが本当に苦行でした(苦笑)。たまに、「君、ナニ言ってるのかわからないヨ」と凹むような発言をされたこともあります。あれは実によい経験でした(^^)。

ただ、このゆっくりペース、決して欠点ではないのだなと年を重ねるごとに実感がわいてきました。時折、ものすごい早口でしかもよくしゃべる人と遭遇しますが、私は当然その人のペースにおいつけませんから、いつも通り応対していると、相手側の口調がだんだん落ち着いてくるのがわかります。そうすると同時にその人の鼓動もゆっくりしてくるのですね。何かほっとするような気分になる、とよく言われることがあります。

逆に、とても無口な人がいます。そういう人と対話していると、私のゆったりペースは不思議なことにその人をとてもおしゃべりに変身させます。言いたいことがいつもよりスルスルでてくるのだそうです。普段無口な人が話し出すとすごいです。私はそれで何時間もつかまったことがあります(大笑)。

あるとき、友人がはっとする指摘をしてくれました。

どうやら私の話し方、コミュニケーションの取り方には独特の「間」があるそうなのです。

自分で特段意識してやっていませんし、早くしゃべれよ、と言われても無理があるのでマイペースなのですが、会話のキャッチボールの合間=間に、不思議な何かがすぅっと入り込んできています。会話そのものより、私はもしかしたら、その「間」の中の何かを調整しているのかもしれない、と最近気づきました。

「間」の空間には魔法使いが住んでいるのかもしれませんねえ。

コミュニケーションとはどこまでも面白いものです。星の配置と一緒で、コミュニケーションも一期一会。同じ形は二度とないのですね。それがまたゲームのようで、ワクワクしますネ(^-^)

さて、今日も楽しくお過ごしください。神戸も爽やかな朝で~す。

Hana_0622
季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日帰り京都

今日はお昼近くから急に思い立って京都に行きました。

「お昼近くから急に思い立って京都」・・・なんて、東京にいた頃には考えつかない行動です(笑)。ああ、やっぱり関西にいるんだ・・・としみじみ思った私(^^;) ウレシイです。ハイ。

駅前からバスに乗って気ままに散策。気ままも気まま、ほんとうに気まぐれな私は、気に入ったところでふとバスを降り、ウロウロし、木陰にあるベンチに座って何もせずボケ~っと長時間過ごしたり、急に方向を変えて小道に入ってみたり(あれ行き止まりだ、とかありました)、バスに乗るのはつまらないからひたすら歩いたり。そんなことをしているうちに、なんと、あの碁盤の目のような場所で「迷子」になってしまいました(大笑)。

行きたい目的地方向へ進んでいるはずと自信満々に歩いていたのですが、いけどもいけどもたどり着かず、さすがにおかしいなあと思ってふとめに入ったお洒落なパン屋さんでパンをかったついでに道を尋ねると、

「え?それは反対方向ですね・・・(^-^)v」 あぁ、聞いてよかった。

それからはパン屋のお姉さんのいう事をしっかり聞いて指定された番号のバスにちゃんと乗り、おとなしく駅まで戻ってきました。ふぅ。おかしいなあ、海外一人旅も何度も経験している「地図が読める女」と自負していたのですが。それにしても何も食べずにひたすら歩いていたので、さすがに肉体的に疲労困憊でした。

写真は、まだ元気で散策していたときに出会った桔梗。凛としていてキレイですね~ 星☆の形をしています。

Hana_0621
今日は途中雨が降るかなあと思っていたのですが、神戸でも京都でもお天気に恵まれ、少し暑いぐらいでした。いやあ、迷子は疲れましたがやっぱり歩くって楽しい。そして新しい場所で新しい発見をいくつも体験しながら時折こうして自然に触れてほっとするのが本当に好きです。別に取り立てて大きいことでなくてもよくて、日常の中で、「わっ」という発見があると、私のからだ全体が喜んでいるのがわかるんです。たぶんこれが私にとっての元気を保つ秘訣かな。

こちらは長らく腰かけていたベンチの真上で木陰を作っていてくれた木々。おかげで涼しくて気持ち良くて・・・ここでかなりの時間を過ごしました^^

Hana_06212

それにしても日が長いこの頃ですね。・・・そうだ、明日は夏至でした!
さぁ、明日からも(^-^)でいきましょう♪

季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

た・て・が・き

「た・て・が・き」

私は毎日必ずコレをします。少なくとも1回は。

た・て・が・きって、縦書きのことです。

読むのも書くのも活字は横書きが多い昨今。私の場合、職場では特にアルファベットばかりですから、漢字からも遠のいてしまい・・・だからこそ、毎日自分の手で漢字・ひらがな含む縦書きをするようにしています。そう思っていると、街中でみる縦書き看板が妙に目に入ってきます。人は、自分が欲する風景を観たがるものなのですね(^^)

姓名鑑定の際、対象者のお名前は必ず縦書きにします。こうでないと何かが入ってこない。教わった先生もそうおっしゃっていました。ちょっと違うのですよ。

目線が左右に動くのと、上下に動くのではちょっと違う。いえ、かなり違う。やっぱり上下は何か降りてくる感じです。そうそう、鑑定の際は、自分と対象となる鑑定のお名前とそしてもう一人(ひとつ)の存在この三つで成り立ちます。二人じゃないんです。三角形を作る。そして自分という我の目だけで対象のお名前を観ないようにします。

縦書きは不思議な力がそこにあります。写経でも習字でも日記でも手紙でも、自分の名前でもいいので縦書きを楽しんでみてください。そしてぜひ「感じ取って」みてください。

ちなみに私は縦書きの本を「立って」読むのが好きです。本屋さんより家の中で立って読むことのほうが多いんですよ。・・・変ですか?(自分では変だと思ってないですが 笑)。

Hana_0619
さて、今朝の神戸は梅雨らしいしっとりとした雨の朝です。とっても静か。パソコンのキーボードを打つ音が一番目立っています(笑)

それではみなさま今日も楽しい一日を。

季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しのぶれど

『しのぶれど 色に出でにけり わが恋(こひ)は ものや思ふと 人の問ふまで』

百人一首の有名な一歌ですが、

色に出る(顔や表情に出る)のは恋ばかりではないですね。たとえ本人は秘めていても、でるものはでます。悲しみも苦しみも、ひた隠しにしているアレコレも。特に唯物的なことを引き剥がして本質をのぞいてしまう占術家の眼には隠せません。

「どんなに着飾っていようが、立派な家に住んでいようが、仕事や肩書で自己表現しようがそんなものは運命と全く関係がない。その人の本音・内在・本質だけをきちんとみなさい。枝葉はいらない」と易学の先生からくどいほど教わりました。

もともと潜水夫のように奥底まで潜り、ひとつのことを掘り下げる性質の私は、占術以前に自然とそれを人に対してやってしまい、そしてポロっと口にもしてしまうので、時にひどく敬遠されます。まあ、仕方がないですね。

誰もが身体からその人たる何かを沢山放っているものです(^-^)。目に見えるものと見えないものは分けられない。見えるか見えないかは物理的観測上の問題だけ。見えないから「ない」のではないですよね。思考も意識も物質の延長です。思ったのだからそこに「ある」んですね。誰かのことを考えると、その思いは対象へ飛びます。

そう思うと、意識って大事だなあと再確認するわけです。そして、観るとは物理的に唯物的に見るのではなくて、感じ取るもの・・・言葉は受け取り手で如何ようにも変わりますから(言葉の象徴・水星はとにかく気まぐれでイタズラっ子です)私がここで書いている「感じ取る」も、あなたがこれを読んで「感じ取る」と同じとはいえないのですが・・・。

花も人も見るんじゃなくて、観る・感じ取るんです。

Hana_0617
季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ただいま」「おかえり」

「ただいま」

「おかえり」

日常のコミュニケーションで、私が一番好きな言葉のやりとりのひとつです。

「おはよう」も「ありがとう」 これらももちろん大好きですし、

「いってらっしゃい」「いってきます」 も最高ですが、

なんだかこの

「ただいまぁ」

「おかえり~」

は、双方がお互いに心を込めて言うと、

『また会えたね~』 というほっこりした空気に包まれる気がして安心します(^-^)

特に、一緒に暮らす人とは年を重ねてもずぅ~っとこのキャッチボールが、できれば目を合わせて続けられるといいなぁと思ってます(私のひそかな夢です♪)

こういう、なにげないやりとりの積み重ねが、心豊かな日常を創っていくもの・・・ですね。

Hana_0615

こちらは昨日の散歩道で見つけた、ローズマリー。ハーブに詳しい人はすぐお分かりですね。少しベタっと貼りつく感じがしますが、触れると爽快な香りがします。気持ちがスキっとしますヨ☆

季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アジの婚活

粟国島(あぐにじま)。・・・ご存知ですか?

私は昨日初めて知りました(^^)。沖縄諸島のひとつで、沖縄本島から船で1時間ほどで行けるそうです。この週末、粟国島へ行った人からお土産&お土産話を沢山いただきました。

その方はスキューバ・ダイビングが趣味で世界各地に潜りに行かれています。

粟国島を訪ねたのももちろんダイビングが主目的。この季節、なんと『アジの婚活』が観られるそうです。

アジって・・・どんな婚活するのかしら??? 興味津々なまなざしの私にその方は楽しそうに説明してくれました。

彼らは大きな群れを作り、一斉に渦を巻くように周るのだそうです。その中でカップルが成立すると、成立したアジだけペアになってその渦から外れて別行動となります。相手がまだ見つからないアジさんたちはいつまでもぐるぐる周り続けているそうで・・・(^^;)

粟国島はこの「アジの婚活」が観られる有名なダイビングスポットなのだそうです。

・・・アジさんたちは自分たちの婚活を人間がじ~っと眺めているなんて思いもしないでしょうね(笑)。そして彼らも私たち人間と同じように、相性があるのかなあ。どのアジでもいいです、というわけではないのですねえ。。アジさんたちにも運命の出会いがあるのですネ。

今朝の神戸はしっとりと雨が降っています。写真は今朝の庭先の緑です。葉っぱに乗った雨のしずくはまるで真珠のよう。そうそう、神戸は実は、「真珠の街」でもあるのですよ。良質の真珠がお安く手に入ります(^^)

0609_inohanae
話があちこち飛びましたが・・・

今日も楽しい1日をお過ごしくださいね☆

季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花瞑想

「花瞑想」。・・・私が勝手に名づけているのですが、朝、まだ太陽が高くのぼらないうちに花にじっと見入ると心地よい瞑想状態になれます(^-^)

アタマの中をすっとお掃除してくれる感じ。このときは、できれば、切り花でなくて地に根を下ろしている花がよいですね。そして、ホントはね、名前も知らないような花がもっとよい気がします。ひっそりと咲く野の花のような。

庭の紫陽花がどんどん開花してきました。今朝の神戸は薄曇り。気持ちの良い朝です。

0604_hana
みなさま今日も良い一日をお過ごしくださいネ。

季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の朝

おはようございます(^-^)

June_green3
今朝の神戸はしっかりと雨が降っています。いよいよ梅雨入りでしょうか。

雨に濡れた木々は、その緑がより一層色濃く見えて、陽の光を受けているときとは違う眩しさを感じます。

June_green1

起きたら雨。・・・だと気落ちしちゃう人もいるかな?

雨の音も雨に濡れた木々の香りも、お天気の日では味わえない、しっとりとした「癒し」があります。テレビなどの人工的な音をシャットアウトしている生活では、どんな天候の朝でもゆったりとした素晴らしい時間になりますヨ(^-^) オススメです☆

June_green2
今日はレインブーツが活躍しそうだなぁ。

みなさまもどうぞよい一日をお過ごしください。

季丘便り 伊野華絵
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »