« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

金木犀

朝。おきがけにカーテンと窓を開けるのが私の一日の始まりです(^^) これが楽しみのひとつでもあります。

今朝はキッチンの窓をあけると 「ふわり」と 季節の香りが入ってきました。

どこからかしら~と 外に目を遣ると、お向かいの家の庭先に 金木犀が。あら、そこにいたなんて。いままで気づかなかった。アナタも沈丁花さんと一緒で 自分の存在を香りでアピールしてくれるのね~ と話しかけてみました(^^) あまくて優しい香り。

秋のしるし、登場ですね。

Kinmokusei
季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋・・・ですね(しみじみ)

今は夜の9時過ぎです。朝晩はどんどん秋の気配が濃くなってきていますね。連休の3日目の昨日は、窓を全開にして風を家中に招き入れ、いつもより念入りに掃除をしました。久しぶりに「捨てたい」衝動が・・・。もともと物は少ないほうなのですが、昨日でさらにスッキリさせました。おかげで精神的にも色んな整理ができたように思います。掃除はいつも何かしらの気づきをもたらしてくれます。

仕事はリクルーティング関係の業務の多忙さがピークを越えたものの、引き続き活動続行中。大学生の年齢層と接触する機会はほとんど皆無だったので、日々新鮮です。私がこの年の頃、こんなにしっかりしていたかしら?と思える面と、社会人の眼からみてなんとも危なっかしいような未・社会人の顔の両方が垣間見えて、実にほほえましいです。

彼らと接しながら、自分は今までの道のりで一体どれほどの人にお世話になったかなあ・・・とそんな「しみじみ」が押し寄せてきました。

特別なイベントを体験しなくとも、日常の「しみじみ」を忙しさの合間で感じられたら、きっとその日は、「まるの日」になりますね(^^)

今日も自分におつかれさ~ん。

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

空と海

仕事の合間にちょっと休憩・・・と、飲み物でほっとしながらオフィスのビルの窓から外を眺めていました。

私がいるのは23階。山も海も素晴らしく楽しめる、スーパービューな場所です。今までは目の前の仕事に必死で外でもゆっくり眺めて・・・、なんて余裕がまったくありませんでしたが、今日は、やっとその余裕が日中でもでてきたなぁ、ちょっと嬉しいなあ、と、窓の外に目を遣りました。

海側の景色は視線を遠くにもっていくと、そこには空と海が出合う水平線が。

水平線をじっくり見るなんて久しぶりだなあ・・・同じ青でも空と海では違うなあ・・・なんて眺めていたら、ふっと『空海』さんのことが頭をよぎりました。

空海さんは説明するまでもなく、真言宗開祖の弘法大師さまのことです。

空海さんの名前の由来は、洞窟での修行中、口に金星が飛び込んできて悟りを得、そのとき目の前には空と海しかなかった・・・というお話からきています。真偽のほどはともかく、とても謎の多い人物。以下、「秘蔵空論」の一節もよく紹介されますね。

生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く  死に死に死に死んで死の終りに冥し

うーん。空海さんが何を言いたかったのか私には未だわかりません。いくつもの解釈や解説本がありますが、そういうのを読むと余計に混乱します。なんか違うんです。言葉じりやアタマで受け止めるものではない、ということだけ今ははっきりわかります。また、人から説明されてそれを鵜呑みにするものでもないのですね。

ブレイクタイムにふっと眺めた空と海。ほんの5分程度だったと思いますが、私の意識はちょっと違う空間に飛んだようで、おかげで相当にスッキリとリフレッシュできました。

Photo_2

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

体験を歓迎する

ここのところ、金曜日の夜になると

ほ~っと します。この「ほ~っ」は、ため息ではなく(笑)、安堵と充実感がミックスされたような満足度の高い感情です。

新しい仕事を始めて、実質一か月以上が経ちました。実践英語を体験せざるを得ないような職場がいいなあと思っていたら、想像以上に鍛えられる環境に投げ込まれ、ヒーフー。

そして、おぼろげに人事の仕事もやってみたいと思っていたところ、今の会社は部門ごとで新卒採用活動を積極的に行っており、必然的にリクルーティング活動にもどっぷり関わることに。そして、できれば声を出したり説明やガイド的な仕事もあったらいいなあと思っていたら、そのリクルーティング活動の中で、説明やガイドの役回りが来たり。

こんなことしてみたいなあ・・・の未来予想図が、「ほんなら これやってみて」と現実として提供されるという現象が、連続して起こっています。

もちろんその分大変なのですが、自分が描いたチャレンジ事項が実際にやってきたときは、それを歓迎する気持ちで受けとめることで困難も乗り越えられるのだなあとここ1か月ほどで実感しました。なので、金曜日の夜がくると「ほ~っ」とするわけです。

どんなことも未来に繋がっているし、どんなこともきれいな星座として繋げる毎日を過ごしたいと思います。起こる事実をどんな実りにできるか・・・ここにはそれを体験するときの「意識の在り方」が強く、深く、関わっているのですね。

今、外で虫が鳴いています。秋の気配がさわさわと。来週からさらにあわただしくなりそうですが、体験を歓迎する姿勢で楽しみたいと思います(^^)

Cosmos

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »