« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

亨(とお)る、その時。(続き)

さて。トオル君アプリの起動法ですが。

行動に移す瞬間や外部から情報や影響が入ってくる瞬間、自分がどう感じるか。何を全身で受信しているか。その感覚を磨くことです。

これは簡単なことのように聞こえますが、いざやってみると簡単ではないこともわかります。

たとえば今、パソコンの前に座っているとします。そこから立ち上がって、椅子から離れ、となりの部屋のジュースを取りに行くその動作ひとつひとつの中に「自分を存在させる」という、その所作・心持ちのことです。瞬間瞬間、「そこに在る」ということです。

これを実行すると、普段どれだけ自分が自分のことを惰性で動かしているかの発見にもなります。

自分の行為に意識を置いて、そこから何かを受信する、その気持ちを素直に感じる。。これを続けていると、外側から何かがやってきたとき、それが自分に何をもたらすのかに敏感になってゆきます。つまり、

『あ、これはイケるな』

『ん・・・?ちょっと変だな』

が解りだします。

言葉でうまく表しにくいのですが、

瞬間に意識を没入させると、
瞬間、つまり、時間を超えることにつながるのかな~とぼんやり思っています。

時間を超えれば、未来が見通せるわけです。現時点のポイントから目的地のポイントへの道の開通です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

亨(とお)る、その時。

誰でも このような瞬間があると思います。

なんだか難しいけれど、険しそうな道だけれど、

「これ、トオる(亨る)な」って確信がもてる瞬間。

亨る とは、通じるという意味です。今自分がいるポイントから目的地までのポイントへの道が開通する、というイメージだとわかりやすいかもしれません。

それは一生懸命準備したからとか、経験があるからとか、それについて知識が豊富にあるからとかそういう理由とは別次元の、ちょっと特殊な「手ごたえ」です。

でもそれは、皆もともと備わっているアプリであって、普段は外側の情報や便利な道具を頼りにするほうを優先してしまい、ご自身がそのアプリを起動させないだけなのだと思います。

パソコンでもインストールされたまま、使わないアプリが沢山あったりしますよね(笑)あんな感じです。

もったいないと思いませんか?

使えば、「亨る」のに。

この、名づけて「トオル君アプリ」を起動させるにはちょっとしたコツがいるのです。

さて、そのコツとは?

続きはまた次回。お楽しみに。

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【コラム掲載】フランスざっかMichiのみせ

このたび、Michiさんのお店 『フランスざっかMichiのみせ』のコラムにゲストとして登場させていただきました。タロットがもたらす、日常の魔法について書いています。

Michiさんは、私のフランス語学校のクラスメイトであり、ペタンクの面白さを教えてくださった人であり、何よりその眩しいほどの生命力あふれる存在感に私は会うたびに刺激を受けています。デザイナーとしての多忙な毎日の中、画家としても活躍され、また、ご主人の故郷の南仏へ行き来し、現地の素晴らしい品々をお店で紹介されています。

マルセイユタロットに出会って、フランスへ行って、フランス語を習って、Michiさんとの出会いがあって。私なりの人生星座がひとつできたな、と思っています。

ぜひ訪れてみてください。

Michiさんのお店 『フランスざっかMichiのみせ

伊野華絵は、「Michiのちょこっとコラム」に登場しております。

また、Michiさんもオススメされている、多方面でご活躍中の仲間の皆様のサイトもご紹介させていただきます。

慶子のメルクルディローズ社
ファッションカウンセリング、アートワークショップ各種(子供~大人)、フランスカルチャー講座(音楽・食・ファッション・映画)、日仏通訳・翻訳、クリエーターサポート

Tanta felicità
カラーセラピー&ヌメロロジー

サロンフランセ
フランス語学校

マルセイユタロットがもたらしてくれた、不思議なご縁に感謝、です。

季丘タロット(無料相談室 開設中)
伊野華絵

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

眠りと目覚めの境界線

最近、私にしては睡眠時間が短い。そのせいか、朝の目覚めの際に、まどろむ時間が少し長いように思います。

「あ、朝だなぁ。。。」と、目が覚めて、でも完全には起きていなくて、という 眠りと目覚めの境界線。このゾーンは実に不思議な世界です。

いつも誰かが何か言っているのです。別の誰かが言っているのか、自分の想いや夢などの残像が言葉になって浮き出てきているのかはわかりません。 

以前は、はっきりとした男性の声で ある言葉を告げられたことがあります。

この境界線からのメッセージは かなり強烈です。

『そんなことできるかあ~?』というような強気で断言的な内容もあります。

でも不思議と、説得力があるというか私が自然に納得してしまうプレゼン力(笑)。

大事なことはメモしておきます。のちに役立つのです。

眠り、夢、目覚め。人はなぜ眠るのか。夢については体験とともにもっと掘り下げてゆきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »