« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

季丘のお部屋(タロット無料相談室)

今月、季丘タロット・ホームページ内に、無料相談室を開設しました。

このたび、勇気をもってご依頼をくださった方がおられました。ありがとうございます。

タロット・リーディングの上、ご質問とお答を掲載させていただきました。

季丘タロット

相談したいのだけれど、「公開」だとなかなか勇気がいるなぁ・・・というお声を多数いただいております。・・・そうなのか、そうだよなぁ、私だっていざ相談するとなると勇気がいるかもなぁ、と伊野華絵としても思ってはおります。

人はそれぞれ人の数だけ想いはありますし、視点は違いますし、人生観も異なります。・・・が、違うなりに色んな人の人生景色をシェアすることで、無形の恩恵が不特定多数の人にもたらされると私は信じています。特に、どんどん意識が進化していると感じる昨今は、

「宇宙に質問を投げかければ 答えがあちらから帰ってくる」のです。

日程に迷っていると、ラジオから、「○月○日」と言われたり、

うーん、わからないなあと思っていたことが、電車で隣り合わせた人の会話の中にあった、なんてことだらけが私の日常です。

無料相談室への皆様のご質問が、どんなご縁で誰かの助けになるやもしれません。

というわけで 季丘のお部屋はいつでもあなたをお待ちしております。ドアをノックしにいらしてくださいね。

伊野華絵

季丘タロット

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

心機一転。

相変わらず、やることが多すぎて「楽しい」毎日です。

これからの自分の新しい道に向けて、色んな変化を体験しています。体力が続くのは、精神や心持が主導権を握って体を動かしているからだと実感します。

このたび、名前を 伊野華絵(いのはなえ)に改めました。

「あら、なつかしい!」と言ってくださった人もちらほら。

そう、以前、名乗っていたワークネームが再登場です。

心機一転、伊野華絵で 邁進してまいります。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

季丘タロット

http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今、起こっていること

最近、やることが沢山ありすぎて・・・元気です。

実はこういうときほど、元気になる性分なのだと改めて思いました^^

忙しいのとは違います。忙しいとは、心を亡くす、と書きます。心は亡くなっていません。むしろ燃え盛る火の中にさらに燃料を投げ込まれた感じです。

そう、燃えてる~って感じです。

こういうときに、リラックスしながら望む方向へアクションをすると、スルスルスル~っと事がうまく運びます。願いをかなえるとはこういうことか、とも思えます。

リラックスしながら、というのがミソですね。力んでは逆効果なのです。

この感覚、プロセスをいつか分かりやすくお伝えできたらなと思っています。だって、日々楽しいのですもの。アミューズメントパークに行くより、ゲームやるより、現実の世界でアドベンチャーを楽しむほうがもっとワクワクしますよ。

季丘タロット(無料相談室 開設中)

http://homepage3.nifty.com/inohanae/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【開設】季丘のお部屋~タロット無料相談室~

いつも季丘タロット・ブログを訪問くださりありがとうございます。

当ホームページ内に、タロット無料相談室を開設しました。

http://homepage3.nifty.com/inohanae/

トップページからお入りください。

ご相談いただいた内容を「公開」させていただく形での無料相談室です。

季(とき)の丘(おか)にあるお部屋からは、さてさて、どんな景色が見えるでしょうか?

ご依頼をお待ちしております。

季丘タロット 小室良弥

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

約束事は、人生の星座づくり

先月の夏至の日(6月21日)、私は2泊3日である方のお宅へ遊びに行きました。その方とはもう12年以上のお付き合いになるのですが、直接お会いするのはなんと今回が初めて。ずっとメールと電話でのやりとりだけで続いていた不思議なご縁の方です。

一生会うこともないだろうと思っていただけに、実際会うとなると、意外と緊張してしまうものです。

その方は私とは全くジャンルが異なりますが、易者をなさっていて、私とはくらべものにならないほど人生経験も易者としての見識もある方です。3日間、タップリとお話を聴かせていただきながら、その方からありったけのものを吸収しようと全身を耳にさせるつもりで過ごしました。

この世には人知を超える出来事がたくさんあります。それらを直接体験したり、それだけでなくこの世の現実での苦難をあらゆる面から積極的に挑んで、自分とは、人間とは何か? に真正面から向かう人は少ないです。少ないですが、私は、個人的に、立派な易者の方の中にはそのような方々がたくさんおられると感じます。

おそらくそのような体験を多くしたからこそ、他者の運命にきちんと向き合って救うことができるのだと思います。鑑定にはその鑑定者の人生や信念体系がまるごと反映されますから。

3日間、その易者さんのお話を聴く中で、一番印象的だったのは、『約束事』という言葉です。その方は何度かその言葉を使われました。

生きていると、紆余曲折、いろいろあります。うまくいくことも、まったく思うようにならないこともあります。でもそのたびに確実になんらかの「体験」を積み重ねています。そしてある日ある時、自分が向かい合った目の前の出来事に対し、

「ああ、これは、このことは、昔からの約束事だったんだ」 と 素直に思えることがあります。

昔からの約束事、とは、そのことはずっと前から体験するように シナリオが作られていた、ということです。

別の言い方で例えると、点と点を結んで三角形を作るには、3点の間に3本の線を結ばねばなりません。星形を描くには、5本の線が要ります。この「線」は、体験する行為そのものです。3本分の体験をすると、必然的に、「三角形」が出来上がります。この三角形が、『約束事という体験』をするということです。

その約束事の体験をするために、そこにたどり着くまでには気づかない、一見「紆余曲折」のように見える体験があるのです。

その方の人生談をお聴きしながら、彼が「あれは ずっと昔からの約束事だったんだ」とおっしゃるたびに、

『ああ、人生は星座づくりだな』 と しみじみ思っていたのでした。

この、「約束事だったんだ」と 出来事を受けとめられる人は幸いです。なぜなら、自分の人生の中にまたひとつ、星座を創ったことを自覚できているからです。体験を決して無駄にしない、むしろ体験のひとつひとつをポジティブ変換して、美しい図形を完成させているからです。そして、これを意識して生きている人は、自分の人生は自分という小さな意思だけではなく、何か大きな存在に「動かされている」、「導かれている」ということを疑わなくなります。ある星座を形作ることが、ミッションであることがわかるからです。

亡くなった、アップルのスティーブ・ジョブズ氏の大学での有名な講演でも、Connecting the dots というお話がありましたが、あれもまさに星座づくりです。

自分の人生体験が、どんな星座づくりをしているのか・・・どの点とどの点を結ぶと・・・ほら、ワクワクしてきませんかか?

その易者の方との3日間は、少し異次元に飛んだような感覚でした。日常に戻ってそのことを咀嚼するのに多少時間が必要で、今日のブログとなりました。

私とその人が12年という歳月を経て、今回直接会い、対話することができたのも、遠い昔からの「約束事」だったのだと思います。約束事がやってくるまでに、こーんなに時間がかかることもあるんですね。おかげで、かなりダイナミックな星座ができたように思います(笑)。人との出会いに感謝、です。

季丘タロット
http://homepage3.nifty.com/inohanae/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

人生の分岐点

人生の道って 一本道じゃないんですね。トコトコ歩いていくと、分かれ道がでてきます。右に左に、時には三叉路だったりして。

私は今ちょうど、その分かれ道に近づいているのだと思います。右か、左か、まっすぐか。さてどっちだ?

タロットに聞くか、経験豊かな人に相談するか・・・。色々ありますが、やっぱり最後に決めるのは自分。それもアタマでなく、損得でなく、ん~なんだろう。

行きたいほうへ。何がやりたいか。どっちがワクワクするか。

誰にも責任転嫁しない、できない。自分が選び取る判断。

少し寝かせておいて、漬物でいうとちょうどよいお味になったころに、心静かにタロットカードを引く。タロットを通じてより大きな自己と繋がって、自らの決断に導かれるのです。

ただただ、「経験したい方向へ」向かうのです。うまくいくかどうか、ではなく。

いや、究極を言えば、選択するのではなく、選択させられる、のですね。自分で選んでいるようでそれを選択させられている、のです。この話は後日また改めて書きたいと思います。

う~ん、悩める?・・・いやいや、悩ましいのではなく、こういうときが人生で一番楽しいのです。なんて思えるようになったのは、タロットに出会ってからかもしれません。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »